世界遺産 動画 アフリカ・大地の裂け目の野生動物 2018年8月5日

世界遺産 アフリカ・大地の裂け目の野生動物 2018年8月5日放送

【番組内容】ケニアのグレートリフトバレーの湖群は、大地溝帯に生まれた巨大な湖。そこはサイやライオンなど多くの野生動物が暮らす命の宝庫!ダイナミックな空撮映像で迫ります。   

【出演者】杏

ドキュメンタリー動画(2018/08/05)


【番組詳細】
ケニアの大地溝帯の底にアルカリ性水質の湖が複数ある。特にナクル湖の周辺は野生動物が豊富。アルカリ性土壌でも生育するアカシアが緑豊かな森をつくり、インパラなど草食獣から肉食のライオンまで多様な生き物が暮らす。このバランスのよい環境がシロサイに繁殖を促し数を増やしている。隣のボゴリア湖ではフラミンゴが強いアルカリ水質で大繁殖する藻類を主食にして生きている。大地溝帯と野生動物の繋がりを紹介する。

<遺産名>グレートリフトバレーの湖群  <登録年>2011年 <登録理由>(VII)自然美(IX)生命進化(X)絶滅危惧種
ディレクター/橋場利雄  本来、ケニアの大地溝帯の底は野生動物が棲みづらい乾燥した環境の地。でも、そこに特別な湖がありました。 その湖はアルカリ性が強く生きものが生息しにくい水質です。でもそれを逆手にとって生き抜いているたくましい植物や動物たちに出会えました。

↓↓ランキングバナーをポチポチして頂けると嬉しいです(^▽^)↓↓
にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ 動画ランキング

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください