ふらり旅いい酒いい肴 動画 仙台 伊達政宗の魅力と銘酒の味わい 2018年8月9日

ふらり旅いい酒いい肴「仙台 伊達政宗の魅力と銘酒の味わい」 2018年8月9日放送

【番組内容】おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。   

【出演者】太田和彦

バラエティ/情報動画(2018/08/09)


【番組詳細】
杜の都「仙台」。“世が世なら”といわしめた戦国大名伊達政宗が愛したこの土地は、今も政宗の恩恵を受け発展している。散策は「青葉城跡」から。いわずと知れた伊達氏62万石の居城跡だ。青葉城は1600年に築城され、ふもとには広瀬川が流れ裏山には深い谷を成す「竜の口溪谷」がある。まさに天然の自然による要塞だ。天守台には政宗の像が立ち、「杜の都」を常に見守る。
政宗の郷愁に想いをはせ「杜の都」を一望する。あぁ、いい眺めだ。散策は商店街に向かう。少し腹ごしらえ。「利久」は数ある牛たん専門店の中でも行列が絶えない人気店。熟練の職人が丁寧に炭火焼きする牛たんは肉厚で美味しく、南蛮味噌がさらに旨みを引き立てる。夕暮れとともに居酒屋へ。文化横丁のそのまた奥に東北屈指の古きよき居酒屋がある。「源氏(げんじ)」だ。
60年以上続くぬか床のぬか漬け、温めた豆腐など、酒一本ごとにお通しが出る。なかでも古風な燗付器で温める燗酒はこれが絶品。居酒屋は古いほど良いとしみじみ感じる名店だ。
「一心(いっしん)」は、けや木並木が美しい定禅時通り近くの地下。充実した酒肴にふつふつと期待がわいてくる。酒は全国の最優良酒がきら星のごとく揃い、“宮城県産酒は宮城県民の宝”が店の心意気。お通しの“活きボタンエビ”に、ここでしか飲めない清雅な名品“伏見男山純米大吟醸中汲み”を合わせればまさに天にも昇る心地だ。

↓↓ランキングバナーをポチポチして頂けると嬉しいです(^▽^)↓↓
にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ 動画ランキング

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください